読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原則ラーメン

原則として、浜松のラーメンについて書きます。

天日地鶏(浜松)

移転する前からのファンです。

浜北区小林に移って、かなり遠くはなったものの、やはりときどき行きたくなる。

 

塩ラーメンの雄。

磐田のいこいも旨かったが、こちらも旨い。

 

浜田山の塩も旨いらしいが、まだ食べたことがない。

 

移転して広くなった店内。

テーブル席は残念ながら埋まっており、カウンターではないけれど、対面が板で仕切られた長テーブルに嫁と隣あって座る。

 

今日も今日とて、注文するのはやっぱり塩バター。ほとんど中毒に近い。

 

着丼。

f:id:tkms312:20161127141459j:image

ヒュー♪バターヒュー♪

テンションあがるわー

バターが載った塩ラーメンってなんて素晴らしいのだろう。

バターをチャーシューからどかしてスープの中に落とす。

バターがスープにだんだん溶けていく様子を愛でながら麺を啜る。

塩スープがほんといい味。

まろやかで角がない。鶏の出汁がよく出ている。塩味はしっかり効いてるんだけど、けしてきつくない。塩味よりも複合的な旨味が勝ってくる感じ。店の謳いにある、沖縄の天日塩と、毎日取り寄せているという讃岐コーチンの出汁が、丼の中でベストマッチしているのだろう。まさに店名「天日地鶏」を体現している。

 

一方、麺にはあまり特徴が感じられない。

少しウエーブがかかった細麺。

スルスルいける、塩ラーメンに合った麺。欲をいえばもうちょっとツルツルしてるといいかも。ほんのわずかに、ボソッって食感がある。

 

特筆すべきはデフォでも大きいチャーシュー。

このチャーシューがほんと好き。

この大きさなのに、箸を入れると簡単にホロホロ崩れる柔らかさ。

どうやって煮たらこんななるんだろう。

控え目な塩味で、塩ラーメンに実によく合う。

tはこのチャーシューを少しずつ崩しながら、ライスといっしょに食べるのが大好き。

今回は税別¥720の塩バターにしたが、実は税別¥1100の「大ロースチャーシュウめん」もある。名前の通り、この旨いチャーシューがえらいビッグサイズでマウントされてくる。

一回だけ食べたことあるけど、あれはもう至福。

ぜいたくすぎる気がしてなかなか頼めないけど、いつかまた食べたいなあ。

 

店を後にしてから食べログで見たんだが、「ゆずごはん」というのがあるの?

海苔とあられと柚子風味のごはんが出て、最後にスープに入れてお茶漬けにできるらしい。

そんなのメニューにあったっけ??

壁に貼ってあったのかな。期間限定?

龍壽のお茶漬けみたいにできるってことでしょ?ならぜひやってみたい。

 

あ、ティッシュ置いてほしいです。

せめて紙ナプキン。

 

tはどうしても塩バターなのだけど、実は「とりそば」がかなり旨そう。

次にいったらいいかげん挑戦してみようか。