読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原則ラーメン

原則として、浜松のラーメンについて書きます。

浜田山(浜松)

 いわずと知れた名店。

もちろんtも嫁も大好きなのですが、いかんせん行列がネック。

その点では龍壽もそうだが。

 

ずっと本ブログにも書きたいと思っていたし、久しぶりにいっちょ行ってみるか、と腰を上げたのが本日。

 

いまはもう2時だし、そろそろ行列も落ち着いてるんじゃないか。

なーんて甘い期待をしながら二俣街道を折れて西へ折れ、遠鉄ストアと静銀の間を進むと…

やっぱり並んでました。

この時間でも外に10人待ちとはさすが。

 

身重の嫁さんには申し訳ないながら、外で待つこと15分。

わりと回転は早く、さほど待たすに中待ちに移動。

ここで食券を購入。

塩も醤油も豚骨もうまいらしいのだけど、tはどうしても魚介豚骨。

奥さんに先に食券を渡して、さらに10分後、着席。

 

麺はすでに茹で始めているから、着席後はほどなく着丼。

f:id:tkms312:20161123141824j:image

すでに見た目がゴー☆ジャス

しかし味は見た目のそれとは異なり、決してガツンとくるわけではない。

丁寧に処理された豚骨スープ。上品な醤油ダレ。どちらも強く主張するわけではなく、絶妙なバランスを保ったまま、どこまでもまろやか。ポタージュのような均一且つ濃厚なとろみ。ニンニクを入れるか聞かれていつも入れてもらうんだけど、このニンニクも変に尖らず。煮干し系の苦味が感じられるも、これもまた味のアクセントに。

こいつがつるつるしこしこに仕上がった中太麺と絡んで、実に優しい旨さを作り出す。

ほんと角がない。完全に後引き系。

それに加えて素晴らしく絶妙な歯応えの穂先メンマにレアチャーシュー。味玉もばっちり半熟。秀逸のトッピングたち。

 

ちなみに、浜田山にはごはんがありません。

代わりにこれ。

f:id:tkms312:20161123170051j:image

なんと替え玉は極細麺。

極細麺だと短時間で茹で上がるからすぐ提供できる、という店側の都合ももちろんあるのだろうが、客としては一度のラーメンで2種類の麺が楽しめるなんて、なんて素敵な。

ごはんがないことは分かっているので、浜田山ではいつも、券売機で替え玉もあらかじめ買っておくわけです。

 

食べ始めから最後まで、今回も実に満足。

大将、まだ若そうなのにこのクオリティ。たいしたもんだ。

接客もたいへん丁寧。

奥さんとのオペ連携も絶妙。

 

さすが浜松ナンバーワンとの呼び声高い浜田山。

また来たい、というより、どうせまた来てしまうであろう名店です。