読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原則ラーメン

原則として、浜松のラーメンについて書きます。

麺屋みちの(浜松)

嫁さんの出産予定日が近づいてきた。

嫁への愛は変わらないとはいえしかし、ラーメンへの愛も変わらない。

身重の嫁さん連れて今日も一路ラーメン屋へ。

 

今日は仕事の関係で月曜なのに休みをもらったので、月曜定休ではない店を検索。

 

お、みちの。

以前嫁が気になるといってた店。

評価高め。レビューも好意的。

よしいってみよう。

 

前回の荒野のラーメンは西区大山町だったのに対して、みちのがあるのは同じ西区の西山町。

中区からいくにはこちらの方がそりゃ近い。

 

店内はわりと奥行きあり。

L字のカウンター10席ほどと、座敷にテーブルが3つ。地元の人がよく来てそうな感じ。

初老の店主と奥さんの二人で運営。

店ができてからまだ数年らしいから、脱サラして始めたのかな。

 

やはり頼みたいのはド定番。

塩が人気、的な記事も読んだが、メニューの書きぶりをみると、店側は醤油推しって感じだったので、今回は醤油を選択。

 

f:id:tkms312:20161113141348j:image

大ぶりの深い丼に収まった渋めのビジュアル。

器が黒いと本来の色が分からなくてやきもきすることもあるけど、これはなんか、馴染んでる気がする。

 

まず圧倒されたのはスープの個性。

一口飲んで若干パニクる。

なんか焦げた味がする?

苦味?

渋味?

…ん、いや、旨味だこれ。

なんだろこの焦げたような独特の風味。

薫香?

使ってる節から来てるのかな。

メニューにちらっと書いてあったのは、豚骨、鶏骨、魚介のスープ、とだけ。

何から来ているのか…

とにかく、慣れてしまうと実に旨味。

 

麺はかん水多めの黄色、やや太めの細縮れ麺。

ツルツルシコシコで実に小気味良く入ってくる。札幌ラーメンみたい。スープによく合う。

 

チャーシューは歯応えしっかりめ。変な主張はなく、長葱、メンマと共にバランスの一助に。

卵はギザがついておしゃれな切り方だったが、固茹で過ぎかな。個人的にはもう少し半熟気味が好み。

 

しかしトータルで見れば実に完成度高い。安心して食べられる旨いラーメンでした。

 

嫁の塩も味見したけど、塩は逆に極限の控え目加減。旨いけど。

tとしては、完全にこの醤油の個性にハマりました。

 

また来たいと思います。