読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原則ラーメン

原則として、浜松のラーメンについて書きます。

新潟最強ご当地 燕三条ラーメン ガッツリ軒(浜松)

店の名前長いな(笑)

 

以前富山ブラック推しの「まいど」だった店が、こちらガッツリ軒にリニューアル。

まいどの前は「元亀」。

どっちも客は入ってたのに、実に入れ替わりが激しい。

 

メニューはこんな感じ。

f:id:tkms312:20160731152519j:image

 まだ販売前のものがけっこうある。今日は7月31日だから、ありゃ明日なら注文できたじゃん。

まあ仕方ない。

ふむ、チャーシューメンと餃子はまだ出せないが、レッドラーメンは出せる、か…。

てかレッドラーメン?

f:id:tkms312:20160731154835j:image

これぜったい、ただの激辛バージョンでしょ。こんなのメニューに入れる必要あるのか?ふつう誰も注文せんだろ…

 

と思ってたらいたー!

 3人隣の兄ちゃん頼んでたー!

 

様々なニーズがあるということですね。

もしかしたら、上の画像、レッドの隣の「鬼油」にもニーズが?

 

もちろん、自分は定番から入らせていただきます。

というわけで、夫婦ともに「味玉ラーメン」790円を注文。あ、夫のみ+ライスね。

 

さあ着丼。

f:id:tkms312:20160731155908j:image

さっすが、前評判通りの一面背脂。

そして中には…おお、確かに平打ち太麺。

 

食べてみる。

まずは太麺の存在感。歯応えよし。小麦の味がしっかりする。

そこに絡んでくるのが背脂と醤油スープ。

豚骨じゃきついのだろうが、プルプル背脂コラーゲンが醤油と合わさると、こってり感とコクが足されてたいへん良し。

結果、醤油だけどもジャンクな感じでガッと食わせる的な、二郎系方面のスタイルになるわけね。

うん、いいバランスかと思います。

これが、燕三条系ってジャンルなのね。

ケンミンショーとかで取り上げられそうな、実にキャッチーな個性。

 

チャーシューは煮豚系。合ってます。

煮卵もまあ不可なく。

 

まあしかし、

スープの塩分がちょっとくどかったかなー。

油じゃなくて。

食べてる途中から、塩辛さというか、エグみというか、そういうものがだんだん気になってきた。

背脂が旨いから、スープをもうちょっと飲みたいと思うんだけど、上記の件がじゃましてあんまりいけない。

煮干しの効かせ方の問題かな?

あんまり煮干しの味って感じがしなかったような…

 

総括。

浜松にこれまでなかった燕三条系一本推しという売り方は価値あり。

あの背脂をまた…リピートの可能性あり。

開店してすぐというタイミングでもあるので、店の今後のこだわり方、オペレーションの向上を期待したいです。

 

新潟最強ご当地 燕三条ラーメン ガッツリ軒

浜松市中区船越町52-33